哈瑪星-興演計劃
::: サイトツアー 15946 人々

興濱ワークステーション

Workshop

:::
興濱ワークステーション

濱海一路にある歴史建築「新濱町一丁目連棟紅磚街屋(リェンドンホンジュアンジェウ―)」は日本統治時代中期(西元1933年)に建てられました。外壁は清水赤煉瓦で構成され、屋根は煉瓦模様で太陽を型どったような丸みを帯びたパラペットがあり、これは高雄市哈瑪星歴史市街に僅かに残った日本統治時代の市街地域建築です。昭和時代の市街建築の特色もみられ、旧新濱町の歴史的な栄華を物語っています。

2016年7月から「歴史現場再建造」─「興濱計画」は中央政府の文化部による決定後、高雄市政府文化局は直ちに哈瑪星集落の重要文化資産の修復、保存、再利用等の作業を始め、歴史建築「新濱町一丁目連棟紅磚街屋」として本計画の起点となる企画しました。ワークステーションを設立し、哈瑪星の山、港、鉄道、町の四大歴史テーマを繋げ、本計画の成功に導きます。

「興濱ワークステーション」は2017年4月22日から正式にオープンしており、関係者でなくとも「興濱計画」に関心を持つ人々を歓迎しています。こちらで相談や交流をし、一般の人々の理解を得て「興濱計画」を支援していただけることを目指しています。地元の人々に哈瑪星の歷史を知っていただき、共感を得た上で政府と共に哈瑪星の継続的な発展をさせていきたいと思っています。地元の団体や教育機関との連携を通し、公私共に協力して哈瑪星地域の存在を知ってもらうために広報活動を行い、快適な市民生活と産業の回復にも繋がることを目指しています。地元の人々の参加により地元意識が高まり、継続的な発展の地盤を固めます。

環境介紹

「興濱ワークステーション」1階の展示エリアには4つの展示区分があります

A区ー興濱計画イメージ図



B区ー興濱計画内容及び全体のプランニング



C区ー哈瑪星の歴史風貌:街の工業と商業、娯楽、民衆文化や当時の写真の展示



D区ー哈瑪星の昔と今


(3)「新濱町一丁目連棟紅磚街屋」概要

築年:1933年
資料登録番号:高市府文資字第10531653401号函
登録日:2016年11月21日
住所:高雄市鼓山区濱海一路2、4、6、6−1号及び鼓山一路7号
登録理由:
築年:1933年
資料登録番号:高市府文資字第10531653401号函
登録日:2016年11月21日
住所:高雄市鼓山区濱海一路2、4、6、6−1号及び鼓山一路7号
登録理由:

  1. 1. 本建物は日本統治時代の打狗鉄道埋立地(1904−1907年)にあります。中心となる本体は日本統治時代中期(1933年)に新濱町一丁目に建てられました。哈瑪星(ハマ星)の日本統治時代における発展の象徴とも言えるでしょう。
  2. 2. 本建物の外壁は清水赤煉瓦で構成されており、屋上にはパラペットは太陽をモチーフにしたような円をかたどったものもありました。建築の材料と構造の豊かさから、日本統治時代の哈瑪星(ハマ星)地域の建築の特色がうかがえます。

(4)お問い合わせ

住所:高雄市鼓山区濱海一路4、6号
電話:(07)521-0679
営業時間
火曜~金曜:10:00-17:00
土曜・日曜:10:00-18:00
月曜は定休日とさせていただいております。また台風等の天災、高雄市による出勤停止の発表に基づき休館させていただきます。